足る心を知る。

僕たちの心が満足をしらないと、
心が「もっともっと」って欲しがって、
とっても大変なことになってしまう。

もっと褒めてほしい。

もっと認めてほしい。

もっと成功したい。

もっとかわいい彼・彼女が欲しい。

もっといい仕事に就きたい。

もっといい家に住みたい。

もっともっと…。

 

そんな気持ばっかりがこころを支配してしまうと、

とっても大変なことになってしまう。

 

なんで大変かというと、心がある種の飢えを抱えてしまい、

満足することを知らなくなってしまって、

常に満たされなくなってしまうからです。

 

すると現状どんなに恵まれていたとしても、

今の生活に満たされなくなり、

足りない所ばっかりに目がいってしまうようになります。

 

すると、日々の生活が生き辛くなってしまいます。

 

もっと欲しい。

 

という欲は大切だけれど、

幸せを感じる為には、

その大きくなってしまったもっと欲しいという気持ちは、

時に障害になることがあります。

 

幸せを感じる為に多くを求めるのではなくて、

幸せを感じる為に少なきを求めてみる。

 

ちっさなことで幸せを感じれるように、

今あるものに目を向けてみよう。

 

著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!