悲しみを癒す。

「ねぇ、笑ったりしないでよ。」

一生懸命がんばっているんだから。

「ねぇ、バカにしたりしないでよ。」

必死でやっているんだから。

「ねぇ、そんなふうにあざ笑わないでよ。」

私だって、人間なんだから。

「ねぇ、きちんと話を聞いてよ。」

私だって、きちんと考えているんだから。

「ねぇ、、、。」

そんな声が届かない、

気持が離れてしまう時が人生にはあって、

もう誰も聞いてくれないその「ねぇ…」という言葉の続きを、

誰にも言えず、

本当はもっと明るく、

「ねぇ、ねぇ聞いてよ、私ね。今日ね。こんことがあったんだよ。」

って、共有したかったはずの沢山の気持ちも、

いまじゃもう聞いてもらえない。

それがたまらなく悲しい…。

悲しみというのは、そんな言葉が、

そんな期待が、そんな気持ちが、声に出来ずに、

溜まっていくこと。

そして、悲しみを癒していくということは、

そんな気持ちや、期待や、手にしたかったこと。

言葉にできずに溜まっていた気持ちを、

少しずつ言葉にしていくことです。

悲しみは、そんな気持ちを感じることが、

スタートライン。

でも、一人では苦しい。

だから、誰かと一緒に感じる。

そう、乗り越えるために。

人に話すということ、感じるということ、

それは乗り越えようとすることです。

きっと乗り越えられます。きっと。

著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!