失恋を癒す一歩は泣くこと。

大好きな彼と別れてしまうこと。

いい別れならいいけれど、

そうでもない時は、人生が灰色に見えて、

昨日まであんなに楽しかったことが

なぜか楽しいと思ず、気力がわかない。

昨日まであんなにやりがいを感じていたはずの仕事も、

やりがいを感じない。

部屋の片付けようにも、料理を作るろうにも、

めんどくさくなってしまってやる気が起きない。

ふと、こころの中に沸く思いは、

「私の何がいけなかったんだろう?」

そして、「ねぇ、どうしてこうなったの?」

という答えのない問い。

それがぐるぐると回って止まらない。

「もう、なんなの!」

なんて、時に叫びたくもなります。

大切な人に振られてしまうということは、

自分が大切にしていたこころの一部が欠けてしまったようで、

ぽっかりと穴が開いてしまったような気持ちになることです。

大切な人と一緒にいた私というセルフイメージが崩れ、

半身がなくなったような気にすらなってしまう。

そう、そんな時が人生にはあるのです。
もしかしたら、これを読んでいるあなたもそうかもしれないですね。

その胸の痛みも当然です。
だって、失恋の悲しみは、

自分の中の未来をも崩していくからです。

あの人とこのまま付き合っていたら、

きっとこんな未来があっただろう。
きっとね、この先も隣にいてくれて、

私がこんなつらい時も隣にいてくれたと思う。

そんな、二人で一緒に未来を築いていた”はず”なのです。
そんな自分の中の希望が、突然崩れ去ってしまったから。

もうそんな未来が手に入らないとわかってしまったから。

そうわかっているから悲しくて、胸が痛いんです。

自分の中の大切な希望が、未来が崩れ去って、

その崩れた未来を、希望を思うとこころが痛くて、

ぎゅっと胸が何かに刺されるように苦しいんです。

その胸の痛みは、それほどあなたにとって、

その方との関係を大切にしたかったからこそ湧いてくるのです。
この先もずっとそんな未来を二人で築きたかっからこそ辛いのです。

それがもうできないから…。

その胸の苦しみや、痛みはそれを誰よりも知っていて、だからこそ、

こころを痛めているのです。

そのこころの痛みは、一つの別れの悲しみです。
別れの悲しみは、自分を悼むことで癒えていくのですよ。

いっぱいないて、嘆いて、悔しがって、なんで自分だけって怒って、

もう、生きていけないって、叫んで。

惨めでも、無様でも、うまく生きられなくても大丈夫だから、
思う存分泣いてください。
”今は”恨んでもいいし、悔しくったっていい。

いい子になる必要なんてないんだから。

それが失恋による別れの悲しみを癒す第一歩になるんです。

大丈夫、立ち直れますから。

著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!