未熟だからこそ行動できる。

僕たちは、完璧を目指そうとするあまり、

行動が出来なくなってしまうことがあります。

 

「これが出来たら行動しよう!」

「もうちょっと勉強してから。」

「もうちょっと技術を身につけてから。」

 

そんな思いが頭をもたげると、

僕たちの足は途端に重くなります。

 

これを書いている僕も人のことなんて言えず…。

この資格を取ったら、カウンセリングをしよう、

この技術が身についたらカウンセリングをしよう。

 

なんてことをずっとずっと考えていて、

足が重たくなり、結局カウンセリングをしだしたのは、

学び始めてから4年もたった時でした。

 

随分と時間がたったもので、

ずっと”準備”をしていたのです。

 

準備って大事だけど、やってみないとわからないことって、

結構人生において多いのです。

 

飛び込んでみる、とりあえずやってみる。

そんなスタンスって時にとっても大切です。

 

大した知識がないかもしれない。

大した経験がないかもしれない。

大した技術もないかもしれない

 

でも、だからこそやってみること。

 

それがとっても大切なのだと今ならわかります。

 

未熟だからこそ、一生懸命になるし、

未熟だからこそ、反省ができる。

未熟だってしっているからこそ、今できることを頑張ろうとする。

 

 

まだ青いからこそ出来ることって意外とあるのです。

 

そりゃ失敗ばっかりしますけれど(^-^;

それはやっぱり避けられません。

 

最初から全部上手くいけばいいけれど、

そんな話もありえません。

 

 

バットは素振りだけしていても、永遠にボールに当たらないように、

準備だけしていても、永遠に本番は迎えられないのです。

 

兎にも角にも打席に立ってみる。

そんなことが大切な時が人生にはやっぱりあるのです。

著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!