カウンセリングで夫婦の絆を知った日。

「夫婦の絆。」

 

あるご夫婦のお話。

 

旦那様があることで借金をし、

奥様はそれにとてもショックを受け、

深く傷つきました。

 

その姿を見た旦那様は、

ことの重大さを改めて痛感し、

ぎゅっと拳を握り、

姿勢を正し、

その顔は自責や罪悪感の念でいっぱいだ。

 

でもこの二人には希望がありました。

 

奥様は支えるという選択をしたのです。

 

そこから二人は、多くを話し合い、

これまで自分のことをあまり話さなかった旦那様は、

自分のことをよく話すようになり、

気持ちを知る機会が増えた奥様は、

それより少しずつ気持ちが落ち着いてきた。

 

でも、旦那様を支えるその裏には、

秘めた思いがありました。

 

当然、奥様も相当辛い思いを持っている。

でも旦那様がこういう状態だから、

これ以上責めることなんて出来なかった。

ましてや自分の辛さをこれ以上言葉にすることなど出来なかった。

 

だからその気持ちを心の奥にしまって、

なんとか旦那様を支えてきました。

 

そしていつしか旦那様の心が軽くなってきた時、

その心の奥にしまっていた気持ちが騒ぎだしました。

 

幸いにもそれを旦那様が気づき、

こんなことを語ってくれたのです。

 

「今日は、僕の相談ではなく妻のことで、最近ちょっと転職して辛そうなんです。今日は妻のお話でもいいでしょうか。」

「もちろんです。ご夫婦の時間ですからね。」

「奥様、旦那様がこういっていますが、奥様は自身の話で今日は大丈夫です?」

「はい。」

「何があったんですか?話しづらいかも知れませんが教えて頂けますか。」

 

そう質問すると、唇を少し噛みしめて、

目には涙を浮かべていました。

 

そう、奥様は悔しさを抱えていたのです。

 

詳しくは書くことは出来ませんが、

奥様は確かに悔しさを抱えていたのです。

 

そしてその気持ちと共に、

孤独感も感じていたのです。

 

そこで、こんな取り組みをしました。

 

一通り話を聞いた上で、このような提案をしました。

 

「奥様。旦那様の手を握ってください。」

「これから誘導しますので、その時に悔しかった気持ちなどを、

その手に込めてください。」

「旦那さんはしっかりとその手を握り締めて受け止めてください。」

「奥さんが握るのと同じ位に力強く受け止めてください。」

「はい…。」

 

奥様が静かに手を握り、

その目には涙を浮かべていました。

 

旦那様は奥様のことをまっすぐ見つめて、

同じような力でぎゅっと力を入れて、

その痛みを受け止めていました。

 

奥様の手の力が抜けた時、

旦那様にこのように尋ねました。

「手はいかがでしたでしょうか?」

「痛かったです。こんなにもいたかったのかと思いました。」

「そうです。それが奥様の心の痛みです。」

「奥様は、受け止められていかがでしたか?」

「少し安心して、気持ちが楽になりました。」

 

僕たちは、一人では乗り越えられない時があります。

誰かに支えてもらう必要がある時があります。

 

でもその支えてくれる人も、

同じ人間ですから助けが必要がな時があります。

 

そう、僕たちはお互いに支えあいながら生きているのです。

 

それを目の前のご夫婦から教わったような気がしました。

 

どちらが悪いとか、

どちらがいいとか、

支えるとか、

支えられるとか、

 

そういったものは、相対的なものであって、

互いに行き来しながら、

「助け合っている」のだ。

 

とそう思うのでした。

著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!