幸せにならなきゃという病

この前の心理学教室で、

どんなタイミングかは忘れましたが、

受講生からの質問から、

ふとこんなことを思いました。

キッカケの質問は、

「理想の自分に近づかなければいけないんですか?」

というもの。

理想の自分に近づかなければいけないことはもちろんないです。

そして、この”~しなければいけない”っていう、

そんな思いに支配された途端、

こころが不自由になりがちです。

~しなくちゃいけないことって、

本当はあまりなくて、

僕たちが”勝手に”思い込んでいるだけなんだけれど、

それがさも真実かのように思ってしまうからです。

そう思うようになると、

それが義務で、達成しなければいけないことになり、

途端に、現実と理想とのギャップに苦しむようになります。

理想の自分。

それに近づいている自分。

近づいていない自分。

そういう境界線は僕たちをときに苦しめます。

これは、幸せに関してもそうです。

人生の目的は、本当に”幸せになる”こと?

幸せにらなくちゃ!

って、そう思っていると、

幸せな自分。

そうじゃない自分が出来上がり。

幸せを感じてない自分は、本当の自分じゃないんだ!

っていう境界線がでてきて、自分自身の首を絞めてしまう。

今の僕たちの世の中には、”幸せ”って、

とっても美しく、羨ましく、そして憧れのものとして、

映るし、そういう言葉や本なども多いですよね。

そして口々に”あの人”は”、幸せそうだな。”

”私”も”幸せになりたいな。”って。

幸せにならないとなって。

そんな風に考えちゃう。

何か見えない力が働いていて、

”幸せ”が強制力をもっているかのように。

だって、生きてきたんだから、

幸せにならきゃ意味ないじゃない。

ね?そうでしょ?

うん、そうだね。

そういう考えも大切だし、

幸せになりたいよね。

ただね、ちょっと見方を変えてみて。

幸せにならなきゃって、そう思って、

いつも頑張っていて、それが逆にあなたを苦しめるなら、

幸せになれてない、幸せじゃない自分はダメなんだ。

絶対に幸せにならなきゃいけないんだって、

そう思って、その”幸せ”があなたを苦しめるなら、

そんな幸せは、もしかしたら”今は”いらないかもしれない。

幸せってきっとあなたを苦しめるものじゃないから、

がんじがらめにあなたをその”幸せ”が苦しめるなら、

今は、その”幸せ”になることをやめる勇気も

きっと大切なんじゃないかなって思います。

著者プロフィール

野川 仁
野川 仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!